少人数の能楽師による”小さな能楽”形式の発案と実装

(1)従来の能楽の上演形式をよりコンパクトにした“小さな能楽”という形式を考え、試行錯誤しながら確立しました。
          <実施例>
        ・能の物語(出前公演)
        ・臥牛サロン
        ・能と茶と
        ・能と長唄
        ・能と箏曲
        ・能と雅楽


(2)“小さな能楽”によるサロン形式のワークショップを基にしたオンライン教材を作成し、Web上にプラットフォームを  構築しています。
        ・文化庁「文化芸術収益力強化事業」

  ・オンライン教材の構成についてはここを御覧ください。

​  ・教材の見本(無料)はここを御覧ください。

        ・2021年2月中旬より、会員制”「小さな能楽」の公演方法”で限定公開します。

   当面の対象メンバーは、若手能楽師、本プロジェクトをご支援下さる方々です。
        ・会員登録の申請は下記【小さな能楽】お申込みから。

 

【小さな能楽】お申込み

送信ありがとうございました